指定管理者制度について

指定管理者制度とは

これまで「公の施設」の管理は、直営または財団等の公共団体に委託先が限定されていましたが、平成15年9月に地方自治法(第224条の2)が改正され、指定管理者(法人その他の団体)が管理を行うことができるようになりました。


安城市では、平成25年、秋葉いこいの広場の指定管理者について公募が行われ、議会議決を経て、「西三河エリアワン・エコネットあんじょうグループ」が指定管理者として指定されました。


これにより、平成26年4月1日から平成31日3月31日までの5年間、当グループが管理運営を行うこととなりました。


指定管理者構成団体

【代表団体】株式会社西三河エリアワン
【構成団体】NPO法人地球温暖化対策地域協議会 エコネットあんじょう